今夜は馴染みの風俗へ

色白で微乳。これが好きなんです

色白微乳。これが風俗での一番の大好物です。もう一つ付け加えるのであれば、それで乳首がピンクだと最高に興奮しますね(笑)ただ、こればかりは運次第なので、取り敢えず色白微乳まではこだわりたいなと。最近は風俗店のホームページを見ても、大切な部分は隠している所が多いじゃないですか。だから乳首までは分かりませんけど、色白で微乳というラインまでは分かるじゃないですか。そこまでは自分で調べて、自分の理想を探して楽しむようにしていますけど、割といるんですよ。美白ブームもあって、風俗でも全体的に色白の子が増えているんです。昔はギャルの方が圧倒的に多かったものですけど、今では白ギャルまでいますので、色白はそんなに珍しくないんです。そして、微乳も昔から一定数いますので、色白微乳はそんなに珍しい存在ではないんですよ。だからこそ、じゃあ何をするのかって所ですよね(笑)そこまでしっかりとこだわりたいなって思って楽しませてもらっています。

時々は抜きたくなるのも男

毎日ではないんですけど、時々無性に抜きたい気持ちになるのが男ってものじゃないですか。自分で澄ます時もありますけど、風俗の力を頼る時もあります。自分だけでは無理だなって思った時には風俗の力を借りることにしているんですよ。自分だけではどうすることも出来ないというか、自分で抜いても心の奥まで消化出来ないような時があると思うんです。それこそ欲求不満の一歩手前なんじゃないかなって思うので、風俗に行って抜くようにしているんですよね。そのくらいの方がいろいろな意味で助かるというか、女の子に抜いてもらった方がやっぱり自分の気持ちも違ってくるなって思いますしね。だから風俗では自分の気持ちに正直になって、素直に抜いてもらうようにしているんです。自分の力だけでは無理なことでも、風俗嬢の力を借りると呆気なく欲求不満を解消出来るケースは多いです。むしろ女の子の力を頼れば、それまでが嘘のように気持ちも晴れるんですよね。