今夜は馴染みの風俗へ

出世はすべて風俗のおかげかも

決してエリートではないものの、順調に出世しているんですけどそれはすべて風俗のおかげと言っても決して大げさではないんですよね。なぜなら風俗に行って女の子にいろいろと相談するんです。上司とどうやって付き合えば良いのかとか。上司、女性なんですよ。だから人妻風俗嬢に意見を聞くことが多いんです。年下の人間としてどう接するのが良いのかを教わって、その通りに接したおかげでかなり気に入られたんですよ(笑)だから風俗に行くのは気持ち良くなるだけじゃなく、相談も兼ねているんです。遊ぶだけのお金じゃなく、コンサル料も含まれているのでかなり安上がりなんじゃないかなって思っています(笑)でもそのおかげで出世することが出来ているので、出世してお給料が高くなった分は人妻に長時間のプレイをしたりオプションを活用するなどして「お返し」はするようにしています。それらをすることによって、やっぱり自分なりにいろいろと違うというか。

上手な風俗嬢がいいんです

何人の風俗嬢と楽しんだのかなんて詳しくは覚えていないですけど、テクニックのある風俗嬢がいいなと思いますね(笑)。その理由として、風俗嬢もまた、いろんな女の子がいます。合う合わないの問題はどうしても出てくるものですけど、それだけじゃないんですよね。やっぱりテクニックって不変じゃないですか。自分の気持ちという点ではやっぱり風俗では気持ち良さを求めたいんです。コミュニケーション能力とか、スタイルが良いとかは自分の気持ちの問題じゃないですか。求めているのは気持ちじゃなくて、具体的な快感なんです。これを求めていますので、気持ち良ければそれで十分だろうって思っています。だからこそ、風俗を楽しむ時には女の子のプロフをチェックして、どれだけ上手なのかを推理するよう心掛けています。推理することによって、いろいろなことが見えてくるじゃないですか。いろいろなことが見えてくるということは、テクニシャンなのかどうかも分かるってことですし。