今夜は馴染みの風俗へ

さらなる楽しさに期待したい

前回の風俗嬢は、あくまでも勘ですけどもう一度指名するとさらに楽しめるんじゃないかなって思っています。彼女は明るくて可愛いし、どこか天然な部分もあるので喋っていると楽しめましたけど、実際には彼女は相当気を使う女の子だなって思ったんです。天然を装っているというか、こちらに対しての言葉の選び方など、物凄く気を使っているのが分かりました。時間と共に、こちらも気遣いをあまり意識せずに楽しめるようになったんですけど、やっぱり相手からすれば接客でもあるので結構気を使っていたと思うんです。だからこそ、次に彼女を指名したらもっとリラックスして楽しめるんじゃないかなって期待感があるんですよ。風俗でこういった期待感を持ったのは初めてかもしれません。いつもはその場で楽しければそれだけで十分というか、他に何も思わないんですけど、彼女に関しては次まで期待したくなるような女の子だったってことなんですよね。これは初めての気持ちです(笑)

頼りになるのはやっぱり風俗だからこそ

欲求不満の解消はオナニーでは限界があると思うんですよ。もちろんオナニーだってそれはそれでとっても素晴らしいものだとは思うんですけど、でもオナニーだけではどうしても限界があるのもまた、一つの事実なんですよね。だからこその風俗です。オナニーだけでは消化出来ないなって思うような厄介な欲求不満も、女の子に抜いてもらったらそれだけで解消出来ちゃうんです。つまり、風俗はとても頼りになるってことです(笑)欲求不満になると急にイライラしたり、集中力が散漫になったりするじゃないですか。仕事が上手くいかなかったり人間関係がぎくしゃくすることも懸念されますけど、風俗に行けばそれらを解消することも出来るので、そのおかげで風俗はただ単に気持ち良い場所ってだけじゃなく、とってもありがたい場所になっているなって思うんですよね。むしろそれが自分が風俗で遊ぶ理由でもあるので、頼りがいのあるサービスと言っても良いんじゃないですかね(笑)