今夜は馴染みの風俗へ

お気に入りの距離感とは

お気に入り風俗嬢との距離感。それはやっぱり近いものです。自分にも一人お気に入りがいます。彼女は本当に何となくというか、気付いたらリピートしていたんですよね。だから余計普通に楽しめるのかもしれません。力んで力んで「彼女じゃなきゃ嫌だ」とかで考えた訳じゃなくて、何となく良い子だなって思って遊ぶようになったんですよね。でも、それはそれで別に悪くはないというか、むしろその方が自然と距離が縮まっていったんですよね。あまり熱を上げているという訳じゃなく、遊びたいなって思った時にふと思い出すのが彼女…みたいな(笑)個人的にはそのくらいの方が良いのかなって気持ちはあります。あまり力み過ぎても仕方ないじゃないですか。それよりは、相手との適正距離をしっかりと保ちつつも、プレイの時だけは思い切り相手に対して甘えたり、距離を縮めたり。風俗ではそのくらいで遊ぶのが自分にとっての適正距離なんじゃないのかなって思いますね。

楽しんでこそだから100%です

風俗って楽しんでこそだと思うんですよ。惰性とか、あるいは消化のような気持ちではなくて常に楽しみたいって思っているので、気が乗らない時は無理には遊びません。そこで無理して遊んで何となく風俗への思いが軽くなってしまったり、他のことが気がかりで風俗だけに集中出来ないのもそれはそれで勿体ないんじゃないかなって思うんですよね。それよりも、自分なりにがっつり楽しみたいじゃないですか(笑)楽しむからにはとことん、心の底から100%の気持ちで楽しみたいって思っているので、風俗で遊ぶのであれば自分自身、何も心配することなく思う存分楽しみたいなって気持ちでいっぱいなんですよ。そのくらい徹底した気持ちで楽しんだ方が絶対に楽しいと思うので、風俗で遊ぶ際、女の子よりもむしろタイミングをこそ重視するようにしているんです。そうじゃないと勿体ないし、後になってから「やっぱり今日は風俗は控えるべきだった」なんて思うのは嫌じゃないですか。